コーヒーの豆知識

焙煎目的とは

焙煎の目的とは、豆の持つ特性を最大限に引き出すことです。

コーヒー豆は焙煎することで、生豆のままでは引き出せない香りや味を表現することができます。

焙煎の目的とは「それぞれのコーヒー豆が持つ特性を最大限に引き出すこと」といえます。

生豆は、産地の風土や収穫時の精製方法などの条件によって品質や風味が異なるため、同じ産地・銘柄の豆でも焙煎の度合いによりまったく違う味を示すことがあり、一概に産地・銘柄によって焙煎度合いを決めることはできません。

豆の特性を知り、豆が本来持っている味を最大限に引き出す焙煎度合いを考えることで、より自分の理想に近いコーヒーの味を探求することが可能になります☕︎

@oriharacoffee では他では珍しい30キロ釜焙煎で焙煎するので、大きい釜でしか引き出せない焙煎技術で創業当初から味を守り続けています。

関連記事一覧